福島県立湯本高等学校野球部OB会公式ホームページです

MENU

マスターズ甲子園(硬式)

【マスターズ甲子園大会2021福島県大会の出場に関して】

昨年度、コロナ感染拡大防止のために中止となった、「マスターズ甲子園大会2020福島県大会(5月6月)」ですが、先日、県の事務局から連絡があり「今年度は、感染症予防を徹底して実施する」との連絡がありました。しかし、すでに、世の中の状況を鑑み、出場辞退をしているチームが数校あります。そこで、本会(湯本高校野球部OB)も意思決定をしなければならないのですが、先日、役員の皆さんにこの件について意見を求めたところ、意見は半々に分かれました。最終的には、会長判断ということなり、以下のような結論となりましたのでお知らせします。
①全ての役員の出場賛同を得られていない。つまり、役員は会員の代表なので、会員の意見も二分したであろう。反対意見(不出場意見)が半数を超える状況での出場意志表明は難しいと思われる。
②福島県内の中でも、試合会場となる中通り地区の感染者数が、減少していない。
③例え、出場することを決定したとしても、一定人数の会員選手を確保することは、この状況は難しい。(勤務先で不用不急の外出を避けるように言われている会員も多数いる。)
④経費(参加料)で考えた場合「最初から棄権をした場合」と、「出場を表明しておいて大会開始後、選手が集まらないので不出場となった場合」とでは、前者の場合は、支出0円なのに対して、後者に関しては、40,000円の支出をしなければならない。現在、会員より、会費の納入期間中ではなるが、総会を開催できなかったということもあり、例年よりも会費の納入が非常に芳しくない。なので、少しでも支出を抑えるためにも、出場をしないのであれば、早めに棄権することを表明した方が良いのではないか。
以上の事柄から、出場を楽しみにしていた会員の皆様、世代を超えて交流できることを楽しみにしていた会員の皆様には、非常に心苦しい思いでいっぱいでございますが、次年度のマスターズ甲子園2021大会福島県大会への湯本高校野球部OBチームとしての参加はしない(不出場)という事とさせていただきますので、ご理解・ご了承いただきますよう、よろしくお願いいたします。(R3.3.12)

【大会中止】

毎年開催している「マスターズ甲子園 福島県予選大会」。今年も組み合わせも決定し、来月から順次試合が行われる予定でしたが。「新型コロナウイルスの収束する先が見えない。」という理由で今年度の大会は中止と決定しました。これまで、各校理事が電話やリモート(SNS)会議等で何度も意見を交わしました。本会としましても、「中止の決定をするのは簡単。しばし延期というスタンスで、この騒動が収束した際には、再度、球場確保等のスケジュールを組み直して開催できるように」と要望していましたが、残念です。毎年、多くのOB会員の皆様にご参加いただき、GWの頃から定期的に練習を継続的に行い、ゲームに備えてきました。年を重ねる毎に新たな若手が入会し、壮年とうまく融合をし、準決勝まで進出できるくらいのレベルになっていました。勝ち負けも大切ですが、何よりも世代を超えて、同じ目標に向かって汗を流せるということは、なかなか経験ができることではありません。とても有意義な大会でしたので、非常に残念です。この騒動が終息をして、来年こそ、笑顔で球友に会えることを期待しています。会員のみなさんの健康と日々の暮らしの一刻も早い平穏を願っています。(写真は、昨年度大会終了後に撮影したメンバーの集合写真です。)

 

【マスターズ甲子園2020福島県予選大会 抽選結果】

4月5日(日)ヨーク開成山球場内会議室(郡山市)において「マスターズ甲子園2020福島県大会」の抽選会が実施されました。当初、各校の代表者・監督会議を行い、その後に抽選会を実施する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により事務局と役員による代理抽選という形で変更をして実施されました。組合せ結果は以下の通りです。本校は、2回戦からの出場となります。初戦は、6月21日(日)第4試合目(PM3:00~)牡丹台球場(須賀川市)。対 郡山商業高校OBチームです。代表者・監督会議で配布される予定だった今大会の要綱等が、まだ手元に届いていないので詳細が分かり次第、再度、ご連絡をしますが、開会式は6月6日(土)に行い、その際に登録名簿を提出という流れになりますので、今年度の大会に出場できるOB会員の方は、それまでに(余裕を持って)本会事務局 鎌倉、石河までご連絡ください。試合日程が決定したことを受けて練習計画も立てたいと思います。詳細が決定次第、再度、連絡をします。どちらにしても、日本ばかりではなく世界中を混乱させている新型コロナウイルスの影響を受け、今大会そのものが、延期や中止になることも十分に考えられます。その影響を受け、仕事も生活も大変で、野球どころではない!というところが本音だと思います。むしろ、このような状況だからこそ、限られた環境での活動になるとは思いますが、体を動かし、汗を流し、同じ志をもった球友たちと交流をすることで、明日の活力になる。そんな力をスポーツは持っていると思います。延期になるかもしれませんし…中止になるかもしれませんが…準備だけは、しっかりとしていきたいと思いますので、どうぞ、ご理解のほどをよろしくお願いします。

 

 

【今春センバツ大会に出場する磐城高校野球部へ!】

本校野球部OB会を含む福島県内マスターズ甲子園大会出場の16校が加盟する福島県高校野球OB連盟が、先日、今春センバツ甲子園大会に21世紀枠で出場する磐城高校野球部に激励金を贈呈しましたのでご報告いたします。磐城高校野球部には、是非、甲子園球場で、いわき市を!福島県を!元気にするプレイを期待したいと思います。なお、昨年の台風豪雨被害で甚大な被災をした日大東北高校野球部、帝京安積高校野球部、両校に同連盟は見舞金を送らせていただきましたので重ねてご報告いたします。最後に、本校野球部OB会としましては、同市内野球部の甲子園出場ということもあり、これらとは別に激励金を贈呈することが先般開催されました総会で決定しています。日程は未定です。

【プロ野球選手による野球教室のサポートをしました!】

12月8日(日)いわきグリーンスタジアムにて「プロ野球選手による野球教室」が開催され、我が野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバーが活動のサポートを行いました。2013年いわき市で開催されたマツダオールスターでMVPを獲得した内川選手(福岡ソフトバンクホークス)が、「その賞金を地元福島県の野球界発展のために活用してほしい。」と毎年、福島県内各地で野球教室を実施しています。今年は、いわき地区が開催ということで、いわき市内にいる少年野球(ソフトボール)チーム約15チームから約230名が参加しました。その活動を我が湯本高校野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバーと磐城高校OBマスターズ甲子園大会出場メンバーを中心にサポートをしました。それぞれ班編成をされたグループにそれぞれが付き活動の支持や安全面での配慮、時に技術的な指導をプロ野球選手たちと円滑に行うことができました。市内の野球少年・少女たちにとって、とても良い時間を過ごすことができたことは勿論のこと、我々活動をサポートしてメンバーにとっても、非常に有意義な時間を過ごすことができました。また、市内各少年野球チームには、我が母校野球部OBも数多くいて、そのOBたちと久々に交流できたこともとても良かったです。参加された皆さん、お疲れ様でした。活動をサポートしていただいた母校野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバーの皆さん、ありがとうございました。そして、最後にいわき市の少年野球の子供たちに素晴らしい時間を提供してくれた内川選手はじめプロ野球界の選手たちに心より感謝します。
【野球教室参加プロ野球選手名】
★NPBリーグ
○内川聖一(大分県立大分工業高校〜横浜ベイスターズ〜福岡ソフトバンクホークス)
○三家和馬(和歌山県市立和歌山高校〜広島東洋カープ〜信濃グランセローズ〜石川ミリオンスターズ〜千葉ロッテマリーンズ)
★BCリーグ
○佐賀悠(尚志高校〜福島レッドホープス〜新潟アルビレックス)
○大河原雅斗(帝京安積高校〜高千穂大学〜福島レッドホープス)
【野球教室サポートチーム名】
○福島県立湯本高校野球部OB
○福島県立磐城高校野球部OB
○福島県立福島商業高校野球部OB
○福島県立郡山高校野球部OB
○福島県マスターズ甲子園大会事務局
【福島県立湯本高校野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバー】
〇丹 孝平(15期生・OB会会長)
〇根本浩臣(18期生)
〇冨山洋幸(28期生)
〇吉田武夫(33期生・副会長)
〇鈴木貴大(50期生・副会長)
〇高橋怜大(50期生)
〇石河 智(26期生・事務局)
https://news.livedoor.com/article/detail/17498109/

【マスターズ甲子園2019福島県予選 反省会および懇親会】

8月12日(月)PM6:00~於:旬彩ダイニングなかなか

マスターズ甲子園2019福島県大会に選手登録したOBの反省会と懇親会が行われました。今年から参加してくれたマネージャーOGの波多野 近さん(58期・H20年度)も出席をしてくれました。会の席上、丹OB会会長より各種表彰があり、監督賞(最優秀選手賞)に投打に大活躍をした鯨岡君(51期・H13年度)が選ばれました。また、優秀選手賞に投手として活躍した石井君(41期・H3年度)が選出されました。来年は、各年代の選手層を厚くして、1戦々、大切に戦い甲子園出場を果たしたいと思います。また会に先立ち、今夏大会終了後、新チームより監督になった小野君(47期・H9年度)の激励会も行われました。

 

【マスターズ甲子園2019福島県予選 準々決勝戦】

8月3日(土)PM1:00~ 対学法石川高校OB ヨーク開成山スタジアム

6-6.試合規程により時間切れ(1時間30分)。チーム代表9名によるジャンケン勝負の結果!敗退…( ノД`)シクシク… 今年も甲子園出場はなりませんでした。しかし、例年になくマスターズ登録メンバーが多く戦力も充実した大会でした。欲を言えば、もう少し若手(34歳以下)の戦力を厚くしていければ、近い将来、必ず甲子園出場も夢ではないと確信しました。この大会を通じて更にOB同士の繋がりが増えました。この大会は、OB会活動の1つです。今後も様々なOB会活動があります。今回の大会で盛り上がった機運を大切にして、会の活動につなげていきたいと思いますので、更なるご協力とご支援をよろしくお願いいたします。マスターズ甲子園出場メンバーOBの皆さん!お疲れ様でした!来年こそは、甲子園出場を果たしましょう!現役よりも先に(^^)/

【マスターズ甲子園2019福島県予選 今後の予定】

雨天順延のため、当初の予定が変更になっています。変更後の予定は以下の通りです。集合時間等の詳細は、OB会公式SNS等を利用し再度ご連絡をします。

〇準々決勝戦 8月 3日(土)PM 1:00~ 開成山S  対学法石川高校OB

〇準決勝戦  8月17日(土)PM 1:00~ 会津鶴沼S 対(       )

〇決勝戦   8月18日(日)AM10:00~ 会津鶴沼S 対(       )

マスターズ甲子園2019pdfはこちらになります。

 

湯高野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバー募集

湯高野球部OBマスターズ甲子園大会出場メンバー募集

 

お問い合わせはこちら yumotobbc.ob@gmail.com

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

OB会のお知らせをメールで受信

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

カレンダー

2021年6月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

湯本高校野球部OB会公式サイト

湯本高校OB会企業及び店舗紹介

  • facebook

Twitter でフォロー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 湯本高校野球部OB会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.